でない答え

  20, 2016 13:56
前の記事に追記で書きましたが、
9/17の朝、水槽の底で動かなくなったべたっちを見ました。

べたっちの居ない週末を過ごし、少し気持ちの整理がついたので
記事として残します。

読むのが辛い方は、スルーしてください。

056.jpg

20160917_1.jpg
撮影日 2016/03/20

汚れた小さなプラスチックのケースに入れられて
ホームセンターで売られていました。

差はありますが、高いものだとスーパーデルタ(※注釈あり)でも2000円超えますので、
今思えば、スーパーデルタがこの価格って、安すぎるのかもしれません。
(ただし、他店でトラベタ150円とかで売ってる地域なので、妥当な価格かもしれません)

※注釈
ベタには種類がありまして、最も安いのがトラディショナル ベタ(略してトラベタ)といわれるものです。
他にショーベタといわれるものもあり、尾びれの開き方や形状などでカテゴリーが分かれます。
スーパーデルタはショーベタの一種になります。であってるかな?^^;


注釈おわりまして、
そのお店では、ベタは二匹しか置いてなくて、そのうちの一匹を購入しました。
しかも、そのホームセンターは母体の吸収合併による事業整理で、夏前に潰れてありません。
売れ残り感、満載でしたね。
でも、そのときは、「この子、かわいい!」としか思ってなかったです^^;
もう一匹よりは反応も良かったので、若くて健康な個体だと思いました。

20160917_2.jpg
撮影日 2016/03/23

実際、ヒレもまだ綺麗ですよね。
鱗が欠けているのは気になっていたけど、そういうもの?
もう病気の兆候だったのでしょうか?
今でもそれは、わからないです。

20160917_3.jpg
撮影日 2016/03/23
でも、元気にフレアリングするし
泡巣もたくさん作ってました。


20160917_4.jpg
撮影日 2016/04/21
うちに来て、1ヶ月経った頃です。
徐々に、ヒレの先端がバサバサしてきて色が黒ずんできます。
この頃から、ヒレにピンホールといわれる穴があくようになり、
空く度に、メチレンブルーで薬浴していました。
それでも、食欲があったので、薬浴で弱る様子もなく
ヒレがボロボロになる以外は元気でした。


5月6月は、まったくカメラを手にしていなかったようで
写真が1枚もありませんでした。
私、なにしてたんだろう・・・?


20160917_5.jpg
撮影日 2016/07/28

約4ヶ月経った頃です。
写真の撮り方で、色の出方が変わる子でしたが、
肉眼で見ても発色が悪くなったという印象です。
ヒレもボロボロですし、便秘がちになってきました。

ずっと、「なにがいけないの?」と悩む日々でした。


20160917_6.jpg
撮影日 2016/08/25

毛並みならぬ、鱗並み(?)も乱れてきて、松かさ病というやつなのか?
お腹もポッコリしてるし、便秘なのか?
ココア玉をあげて、排泄させてもポッコリは治らず
病名がつかめないまま、薬浴でいいのか、手をかけないほうがいいのか?

疑問だらけでした。


20160917_7.jpg
撮影日 2016/09/05

ポップアイのような症状がではじめたので、新たしい薬に挑戦してみました。
グリーンFゴールドリキッド
1週間ほどで、ポップアイは治ったように思います。

ですが、お腹の腫れは日に日に大きくなっている様子。
しらばくお薬が抜けるまで様子を見ていたのですが、どうもお腹が苦しそう。
泳ぎ方もお腹が邪魔で、小回りがきかない感じ。

20160914_5.jpg
撮影日 2016/09/14
再度、グリーンFゴールドリキッドを投薬してみましたが、
日に日に弱っていき、葉っぱの裏で休む時間が長くなりました。
おそらく、水流がもともと苦手な魚なので、体が固定されるほうが楽なのでしょう。
水面が近いので、呼吸しやすいという利点もあったかもしれません。

小さいながらも、外掛けのフィルターをつけてました。
水を吸い上げて、フィルターで濾過して、落とし込むのでどうしても水流は起きます。
なので、クリアファイルを背面に挟んで、水槽の壁とクリアファイルの間に水を流し込むことで水流が起きないようにしていました。
ですが、それでもわずかな水流は起きてしまうので、一度は濾過器を止めたのですが、
ベタの体に水カビのようなものが付着しはじめたので、あわてて起動させました。
それ以降、水カビは発生しなくなりましたので、小さな外掛けフィルターですが、効果あるんだなって実感しました。

15日くらいからは葉に挟まることもできなくなり、
底でエラをパタパタと開いて閉じてを繰り返すだけ。
たまに、呼吸しに水面に上がるものの、寄り道することもなく
船が沈むかのように、頭から底に沈んで、再びエラを開いて閉じて・・・

濾過できる、ギリギリまで水面を下げて呼吸の負担を軽減されたり。
教えていただいた塩浴もどうしようかと悩みつつも、
この状態では、もうあれやこれや手をかけるよりも、そっと看取ってあげるほうがいいかもしれないと判断しました。

17日の朝、嫌な予感は的中してしまいました。
こんなことなら、夜中ずっと起きてれば良かった。
そう後悔しながらも、
遺体の処理をどしたらいいのか?という冷静な自分と
感情的になってしまう自分が混合して、
しばらく、動かなくなったエラを眺めてたあと、ネットで処理方法を検索したら


ゴミ箱に捨てる・・・

トイレに流す・・・


えっ!?


絶句してしまいましたが、
庭がない場合、現実的な方法なのかもしれません。

他にも鉢植えに埋める、という方法もありましたが、
植え替えのときに、出ていたら怖いので、それは無いなぁ〜
どうしたものか・・・と考えながら、
腐敗が進むし、菌も繁殖しそうなので、とりあえずの保管方法として、
水草を買った時に入っていた透明なプラスチックの容器に飼育水とベタっちを移して、
塩を入れ、バンダナで包んで、ジップロックにいれて、冷蔵庫に入れました。

最終的には、夫と話し合った結果、近くの公園に埋めることにしました。
いや、本当は、近所の公園は猫だらけなので、少し遠いところへ埋めるつもりだったんですが
台風のせいか、大雨で断念しました。

日曜日の朝、スコップを持って公園へ。
猫の少ない場所を見つけて、少し掘ったら、ミミズがにょろ〜!
おおぅ・・・
さすが○○公園(大きい公園です)、土壌が肥えてる。
そして、やぶ蚊の容赦無い攻撃。

しまった! 虫除けスプレー忘れた!
遠目で見たら、穴掘ってるのか、
手を振り、足を振り、踊ってるのかわからない状態になりながらも、
なんとか埋葬できました。


最近ね。
週末になると、その公園に夜のお散歩に夫婦で出かけているんです。
ダイエットのためにね。
だから、この公園で良かったかもしれない。

(散歩でダイエットになるのか!というツッコミは受け付けませんw)


そして、水槽のほうは、すぐに水洗いをして天日干し。
浮き草がまだ生きてるので、再び水槽を立ち上げて、浮き草をちらす。
20160920_3.jpg


20160920_2.jpg
べたっちとはうらはらに、この浮き草は、水があったのか
根をしっかり生やして、とても元気そう。


なのですが・・・
ええ、浮き草なので、水槽の下ががら〜んとして、虚しさが増す一方。


ということで、
水草を新しく入れてみました。
20160920_1.jpg
「クリプトコリネ ウェンティ グリーン」
長い名前なので、略してウェンティね。

べたっちがいるときは、マツモをいれたらヒレが切れちゃったから、
ガボンバにしたら、光量不足で伸びちゃうし、
結局、浮き草が一番相性よかったんだよね。

ウェンティは、耐陰性でC02の添加も必要無いみたい。
べたっちがいたら、あの葉っぱの中に隠れてそうだな。

ベタの寿命は、2〜3年だそうです。
うちに来て、半年。
早すぎますね。
あのホームセンターで1年以上いて老体だったのかもしれないし、
私のお世話の仕方が悪くて、寿命を縮めてしまったのかもしれない。

結局、理由がわからないまま。
どうして?と考えるも、やっぱり答えがでないまま。


そんなことを思いつつ、
水草水槽を眺めています。

夫は、老体だったんだとなぐさめてくれます。
そうかな。 どうかな?

答えはきっと、でないんだろうな。


以上、重い長文に最後までおつきあいくださり
ありがとうございました。







スポンサーサイト

Comment 8

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Nico  

コメント1さんへ

台風、すごかったね。大丈夫やった?
べたっち、頑張ってくれたと思うわ。
ありがとう。

Edit | Reply | 
Nico  

コメント2さんへ

ありがとうございます。
私は大丈夫です^^

べたっち、幸せだったかな?
そうだったと思いたいです^^

辛い記事なのに、コメントありがとうございました。
台風やらで不安定な天気ですので、お体に触りませんよう、お気をつけて下さい。

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Nico  

鍵コメさんへ

ありがとうございます。
鍵コメさんの優しいお言葉に、つい涙ぐんでしまいました。

向こうの世界で、楽しくやってるかな?
臆病な子だったから、蓮の影でフレアリング・・・なんて想像してみたりして^^

私は、熱帯魚を飼ったのは初めてでしたので、温度・PH・餌や薬もいろんな種類があって、奥深い世界を垣間見せてもらいました。
そして、正直、魚にこんなに癒されるとは思ってもみませんでした。
いろんな経験をさせてくれたべたっちに感謝です。

コメント、ありがとうございました。
最近、暗い話ばっかりですが、また遊びに来てください^^

Edit | Reply | 
かおりん  

べたっちさようなら。

記事を読んでびっくりしました…
べたっち死んじゃったんですね…
Nicoさんはちゃんとお世話していたと
思います!!
私は熱帯魚とかに詳しくないけど、
素人ながらお世話記事を読んでも
Nicoさん、色んなこと詳しくて凄いなぁ~
きっと色々調べたんだろうなぁ~
と思いました!

旦那さんが言うみたいにきっと老衰なんだと思います…
というか、そう思いたいです(>_<。)

夜の散歩で立ち寄れる場所に
お墓作ったのはいいですね。
べたっちに会えるからべたっちも
寂しくないですもんね。

可愛がってたペットがいなくなるのは
寂しいと思いますが、
Nicoさんの記憶やブログの中で
生き続けると思います☆

Edit | Reply | 
Nico  

かおりんさんへ

かおりんさん、ありがとう〜><。
私、ちゃんと、お世話できてたかな?
そう言ってもらえると、ホッとするといいますか、気持ちが和らぎます。

夜のお散歩、雨が多くて行けてないんですが
先週みたら、猫に荒らされることなくそのままでした^^

かおりんさんの仰るように、こうして思い出すことが供養になりますよね。
ありがとうございます!

Edit | Reply | 


↑公開していいよ!という方はチェックを外してください。

What's new?