FC2ブログ

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本に来て知ったこと

  11, 2018 09:12
熊本に来て、初めて知ったのですが
「赤ちゃんポスト」って、熊本にしかないんですって。
よくニュースで見かけるから、気になってしまった。

設置されてから10年になるそうですが、追従した病院は1件もなかったのですね。

まぁ、賛否あるのでしょう。

この10年で、130人の赤ちゃんが預けられたそうです。
赤ちゃんポストによって救われた命があるのだから、
今の日本には必要なシステムなのかなぁとも思います。

ただ、私は、どちらかというと否定派なのかなぁ。
理想は、歓迎されない赤ちゃんを無くすこと。
しかし、このシステムが広がってしまうと、不幸な赤ちゃんが増える切欠になってしまうような。
諸刃の剣じゃないかと。

赤ちゃんポストがある慈恵病院の院長は、
今度は、妊婦が匿名で出産できるようなシステムを作りたいと仰ってました。

院長のお考えも共感できる部分も多くて、医療ドラマの見過ぎかもしれませんが、
”救える命なら救いたい”という一心なのかなぁと感じました。

でも、妊婦が匿名で診察を受ける行為は、今の法律では無理なんだそうです。
院長は、”法の解釈”ということで、進めていきたいとお考えのようですが、
ニュース番組に出てた専門家(たぶん法律の)は、こう仰ってました。

「解釈でやるならグレーゾーンでなければならない。しかし、これは黒を白にすることになる。」

命から見れば、法律は軽い物なのかもしれません。
でも、私たちの生活は法律で守られているわけで、それはつまり、法律は何億もの命を守っているわけで。
そう考えると、命と同等に大切なものなのかなぁと。
例外は、決して認められないでしょう。

赤ちゃんポストに助けられた命があるのなら、今の日本にとって必要なのだと思います。
でも、並行してやるべきことは、

法改正ではなく、歓迎されない赤ちゃんの出生率を減らすことではないでしょうか。

それに必要なのは、やっぱり教育なんでしょうね。
道徳と性教育。
小中高の学校で授業があったように思いますが、今もあるのかな?
私の頃は、ビデオ見て終わりとか、そんな感じだったように思います。

高校生くらいになれば、産婦人科医のリアルな話を授業に取り入れるのもいいのかも。
学校の先生だと、伝えにくい内容だったりするでしょうし。
生々しい話だからこそ、印象に残るってありますものね。
いざ、自分が…ってなったとき、適切な対処ができる人を育てなければ、
ポストを増やしてもイタチごっこになる気がします。


以上、駄文にお付き合いくださり、ありがとうございました!


スポンサーサイト

Comment - 6

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Nico  

鍵コメさんへ

ローカルニュースなのかな?ちょくちょく見かけるから気になってね。

Edit | Reply | 
Nico  

鍵コメさんへ

先日のニュースで、各国の方々が集まるシンポジウムのようなものを初めて熊本で開かれたと言っていたので、日本だけではないようです。
どういう経緯でポストに置き去りにされることになったのかは、病院側も把握できていないケースもあるんでしょうね。
中にはすでに死亡していたケースもあったらしいので。

赤ちゃんの「知る権利」に関しても、問題視されているみたいです。
里親・養子縁組や施設に送られた子の他に、親の元に戻された子もいるみたいですから、把握できている部分もあるみたいですね。
でも、その後、無理心中で命を落とした子もいたみたいで、正解が見えない難しい問題ですよね。

Edit | Reply | 
-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 
Nico  

Re: タイトルなし

ご心配ありがとうございます。
家も家族も無事でした。

Edit | Reply | 


↑公開していいよ!という方はチェックを外してください。

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。